家の修理、修繕、メンテナンスに 特化したDIYブログ

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 397】『ペットの滑り止め対策』について

f:id:DIY33:20190519073454p:plain



滑る床は、犬や猫のペットにとって危険です。

一般的なフローリングはツルツルしていて、足の踏ん張りがききにくいです。
そのため家具にぶつかったり、ころんだり、高所から跳んで着地できなかったりして【脱臼】【骨折】【靭帯損傷】等の大怪我につながる恐れがあります。

 

特に股関節がもともと強くない種類や高齢のペットには深刻な問題です。

例えば長毛種は足回りの毛が長く滑りやすく、短毛種でも高齢になると肉球の間の毛が伸びて滑りやすくなります。

 

もちろん若いペットも走り回るので、滑りやすい床では怪我をする危険性があります。

 

このペット用の床の接客はとても多く、実際の店頭でも土曜日や日曜日に多いです。

 

フローリングには建材メーカーがペット用として開発・販売している商品があります。

ペット用のフローリングは、一般の商品に較べて適度な『グリップ』があります。

 

また既存のフローリングに『グリップ』をもたせる後塗りコーティングや、既存のフローリングの上に敷いて、ペットを保護するマットの需要も高いです。

 

犬や猫のペットが家庭にいる場合は、床の滑り止め対策は重要です。


 

 


 

 

 

YouTube

何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』です。

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

 

【工具男子】

不要な電動工具や手工具は【お金】に変えられます

売場で接客している時にお客様からよく聞かれる事があります。

「仕事で使わなくなった電動工具の買取してる?」
「新しい電動工具買うから、古い電動工具買い取ってくれる?」
「商売替えするけど、使わない電動工具捨てるのもったいないから買取してる?」

残念ながら私の勤めるお店では買取りをしていないのでお断りしました。

プロやDIY愛好家の方は、使わなくなった電動工具・手工具をお持ちだと思います。

【工具売場の担当者】としての私の意見ですが、電動工具は長期間使わなければ故障する可能性が非常に高いです。実際にお店で受ける修理内容でも、「数年ぶりに使おうと思ったら動かない」がとても多いです。そして大体こういう時は修理費が高いです。

最悪、モデルチェンジの改廃/後継機無しの部品供給停止で【修理不可】になります。

こうなると、お金を支払って捨てる事になります。もったいないです。

電動工具や手工具が不要になった時は、正常に動く商品価値が高い状態でお金に変えることをお勧めします。そして数年後にまた使用したくなった時は、その時の最新モデルを購入すれば更に作業を楽しめます。

おすすめ

【DIY豆知識 396】カーペットの滑り止め(テープ)について

 

f:id:DIY33:20190518075635p:plain

 

カーペットの滑り止めについて

【DIY豆知識395】の続きです。

 

テープタイプ】をカーペットの固定に使用する場合は、カーペットを持ち上げて四隅に貼ります。

 

テープタイプ】のメリットデメリット 

【メリット】

カーペットを敷いたまま端を持ち上げるだけで簡単に施工できます。

逆に、大きいシートタイプを施工する際は、一度カーペットを全てはがさないと施工できません。

【デメリット】

カーペットに直接貼りつけているため、洗濯するときに一緒に洗う事になります。

そのため粘着力が弱まり、基本的に洗濯後は新しいテープに貼りかえる必要があります。

 

私はシートタイプテープタイプを両方試して、今はテープタイプを使用しています。

本当はシートタイプで広範囲を固定して、ズレないようにしたかったのですが、施工する部屋が陽当たりの良い部屋だったため、粘着剤が溶けて広範囲のフローリングに粘着剤が付いてしまう可能性が少しありました(これはその商品の仕様にもよります)。

そのため、今はテープタイプを端部分に2列に貼って固定しています。

あまり日が当たらず温度が高くならない部屋で、頻繁に洗濯するカーペットの場合は、シートタイプの方が適しています。

 

滑り止めテープ


 

 

滑り止めシート


 

 

滑り止めの種類には、ペット関連や屋外で使用できるもの等いろいろあります。

【DIY豆知識397】で続きをお伝えしていきます。

 

YouTube

1本の動画が約1分間です。何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』です。

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

【工具男子】

不要な電動工具や手工具は【お金】に変えられます

売場で接客している時にお客様からよく聞かれる事があります。

「仕事で使わなくなった電動工具の買取してる?」
「新しい電動工具買うから、古い電動工具買い取ってくれる?」
「商売替えするけど、使わない電動工具捨てるのもったいないから買取してる?」

残念ながら私の勤めるお店では買取りをしていないのでお断りしました。

プロやDIY愛好家の方は、使わなくなった電動工具・手工具をお持ちだと思います。

【工具売場の担当者】としての私の意見ですが、電動工具は長期間使わなければ故障する可能性が非常に高いです。実際にお店で受ける修理内容でも、「数年ぶりに使おうと思ったら動かない」がとても多いです。そして大体こういう時は修理費が高いです。

最悪、モデルチェンジの改廃/後継機無しの部品供給停止で【修理不可】になります。

こうなると、お金を支払って捨てる事になります。もったいないです。

電動工具や手工具が不要になった時は、正常に動く商品価値が高い状態でお金に変えることをお勧めします。そして数年後にまた使用したくなった時は、その時の最新モデルを購入すれば更に作業を楽しめます。

おすすめ

【DIY豆知識 395】カーペットの滑り止め(シート)について

 

f:id:DIY33:20190517081459p:plain

「カーペットを床に敷いているけど、すぐに斜めにズレてしまう!」

 

私の家は、カーペットの上に二人掛けのソファーを置いています。

以前は、そのソファーに座っていたらカーペットがいつのまにか斜めになっている事が多かったです。

 

カーペットがズレると足を引っかけたりして危ないだけでなく、なんとなく気持ちも良くないものです。

 

毎回、斜めになったカーペットを、上の重いソファーごと真っすぐに直すのは大変だったので、勤めている店舗で滑り止めシート滑り止めテープを両方購入して試してみました。

 

この【DIY豆知識395】では滑り止めシート、次回の【DIY豆知識396】では滑り止めテープについて書きます。

 

実際に使用して感じた【滑り止めシート】のメリットデメリットは以下です。

 

【メリット】

広範囲がズレにくくなる。

カーペットを洗濯する時に、シートを床に残してカーペットだけ洗えるので、シートの粘着力が弱まらない。

 

【デメリット】

カーペットを1回全部どけないと下に敷けない。

シートからはみ出してるカーペット部分はズレる。

粘着面が多く、陽当たりの良い部屋では粘着剤が溶けて、広範囲の床に粘着剤はついてしまう可能性がある。

 

滑り止めシート】のメリットデメリットは大体上記です。

 

DIY豆知識396】へ続きます。

 

 

YouTube

1本の動画が約1分間です。何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』です。

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter


 

【工具男子】

不要な電動工具や手工具は【お金】に変えられます

売場で接客している時にお客様からよく聞かれる事があります。

「仕事で使わなくなった電動工具の買取してる?」
「新しい電動工具買うから、古い電動工具買い取ってくれる?」
「商売替えするけど、使わない電動工具捨てるのもったいないから買取してる?」

残念ながら私の勤めるお店では買取りをしていないのでお断りしました。

プロやDIY愛好家の方は、使わなくなった電動工具・手工具をお持ちだと思います。

【工具売場の担当者】としての私の意見ですが、電動工具は長期間使わなければ故障する可能性が非常に高いです。実際にお店で受ける修理内容でも、「数年ぶりに使おうと思ったら動かない」がとても多いです。そして大体こういう時は修理費が高いです。

最悪、モデルチェンジの改廃/後継機無しの部品供給停止で【修理不可】になります。

こうなると、お金を支払って捨てる事になります。もったいないです。

電動工具や手工具が不要になった時は、正常に動く商品価値が高い状態でお金に変えることをお勧めします。そして数年後にまた使用したくなった時は、その時の最新モデルを購入すれば更に作業を楽しめます。

おすすめ

【DIY豆知識 394】『電動工具』について 4

f:id:DIY33:20190516080827p:plain

 

以前のDIY豆知識でも書いた内容ですが、この前のゴールデンウィークで何度かあった接客内容でしたので、再度書こうと思いました。

 

 お客様から「電動工具を使っていたら数カ月で切れ味が悪くなってきた。ゴールデンウィーク中にちょっと木の棚を作りたいんだけど、買い替えた方が良い?」と質問を受けました。

 

電動工具の切れ味が悪くなる最大の理由は、【刃の消耗】です。 

大体の電動工具は、『丸ノコ』でも『ディスクグラインダー』でも『高速切断機』でも【替え刃式】です。

刃は消耗品なので、切れなくなったら替える必要があります。

本体を買い替える前に、刃を買い替えて下さい。

 

また最初に本体を購入した時に付いていた刃を【木材】にも【金属】にも何にでも使用されている方がおられます。 

基本的に刃は用途によって種類があり、切る対象物によって刃を毎回交換する必要があります。

例えば、

木材を切る時は【木工用】

アルミを切る時は【アルミ用】

ステンレスを切る時は【ステンレス用】

石を切る時は【石材用】

コンクリートを切る時は【コンクリート用】

等です。

※対象物に適していない刃で作業をしていると以下の原因になります。

切断面の仕上がりが悪い

切断自体ができない

切断ができない状態で無理に作業を続けると本体故障の原因になる

☆これらは切断作業だけでなく研磨作業等にもいえます。

 

刃の呼び方ですが、ディスクグラインダーの刃は【砥石】、丸ノコの刃は【チップソー】の商品名で販売されている事が多いです。

 

YouTube

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter


 

【工具男子】

不要な電動工具や手工具は【お金】に変えられます

売場で接客している時にお客様からよく聞かれる事があります。

「仕事で使わなくなった電動工具の買取してる?」
「新しい電動工具買うから、古い電動工具買い取ってくれる?」
「商売替えするけど、使わない電動工具捨てるのもったいないから買取してる?」

残念ながら私の勤めるお店では買取りをしていないのでお断りしました。

プロやDIY愛好家の方は、使わなくなった電動工具・手工具をお持ちだと思います。

【工具売場の担当者】としての私の意見ですが、電動工具は長期間使わなければ故障する可能性が非常に高いです。実際にお店で受ける修理内容でも、「数年ぶりに使おうと思ったら動かない」がとても多いです。そして大体こういう時は修理費が高いです。

最悪、モデルチェンジの改廃/後継機無しの部品供給停止で【修理不可】になります。

こうなると、お金を支払って捨てる事になります。もったいないです。

電動工具や手工具が不要になった時は、正常に動く商品価値が高い状態でお金に変えることをお勧めします。そして数年後にまた使用したくなった時は、その時の最新モデルを購入すれば更に作業を楽しめます。

おすすめ

 

【DIY豆知識 393】『電動工具』について 3

YouTube始めました!

DIYアドバイザー33 ながら聴きDIY豆知識

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0

 

f:id:DIY33:20190506222721p:plain

この買い間違いは、とても多いです。

そしてほぼ100%返品に再来店されます。

理由はバッテリーとバッテリー充電器が無く使用できないからです。

 

電動工具のパッケージに【本体のみ バッテリー・バッテリー充電器別売】としっかり記載されていても買い間違ってしまいます。

 

理由は価格だけ見ているからです。

【本体のみ】の商品はセット品に比べて価格が安いです。

 

価格を見て「お!これだけとても安い!!」と思った時は、【本体のみ】かどうか確認して下さい。

 

上記のように使用できないのなら、なぜ【本体のみ】が販売されているのか?

 

理由は、バッテリー・バッテリー充電器を既に持っているお客様用だからです。

 

同じメーカーで互換性のあるバッテリー・バッテリー充電器付きの電動工具を既に持っている場合、本体だけが破損して本体だけが必要な場合などに【本体のみ】を購入します。

 

【本体のみ】を「お!安い!ラッキー!!」と購入されたお客様が、しょんぼりしながら返品に再来店されるのは辛いです。ご注意ください。
 

 

【工具男子】

不要な電動工具や手工具は【お金】に変えられます

売場で接客している時にお客様からよく聞かれる事があります。

「仕事で使わなくなった電動工具の買取してる?」
「新しい電動工具買うから、古い電動工具買い取ってくれる?」
「商売替えするけど、使わない電動工具捨てるのもったいないから買取してる?」

残念ながら私の勤めるお店では買取りをしていないのでお断りしました。

プロやDIY愛好家の方は、使わなくなった電動工具・手工具をお持ちだと思います。

【工具売場の担当者】としての私の意見ですが、電動工具は長期間使わなければ故障する可能性が非常に高いです。実際にお店で受ける修理内容でも、「数年ぶりに使おうと思ったら動かない」がとても多いです。そして大体こういう時は修理費が高いです。

最悪、モデルチェンジの改廃/後継機無しの部品供給停止で【修理不可】になります。

こうなると、お金を支払って捨てる事になります。もったいないです。

電動工具や手工具が不要になった時は、正常に動く商品価値が高い状態でお金に変えることをお勧めします。そして数年後にまた使用したくなった時は、その時の最新モデルを購入すれば更に作業を楽しめます。

おすすめ

 

【DIY豆知識 392】『電動工具』について 2

f:id:DIY33:20190506192223p:plain

 

電動工具のバッテリーを購入する時に①メーカー②ボルトを確認するだけでは不十分です。

 

例えば、マキタの14.4Vのインパクトドライバーを持っていて、新しいバッテリーを購入する時に上記の①メーカー(マキタ)②ボルト(14.4V)以外にも、③スライドor差し込み、④ニカドorリチウム、⑤アンペアも確認する必要があります。

 

一番確実なのは、それまで使用していた古いバッテリーをお店に持参もしくは品番をメモしてご来店される事です。

 

もしくは、お持ちのインパクトドライバーの取扱説明書に書いている適合バッテリーの品番を確認する事です。

 

またはメーカーホームページメーカーカタログでお持ちの電動工具を検索して確認できます。

 

もし電動工具の品番が古く適合バッテリーがわからなければ、本体品番だけメモしてお店で店員さんに聞いてみて下さい。

 

もしその場ですぐにわからなくても、メーカーに直接確認してくれます。

 

【工具男子】

不要な電動工具や手工具は【お金】に変えられます

売場で接客している時にお客様からよく聞かれる事があります。

「仕事で使わなくなった電動工具の買取してる?」
「新しい電動工具買うから、古い電動工具買い取ってくれる?」
「商売替えするけど、使わない電動工具捨てるのもったいないから買取してる?」

残念ながら私の勤めるお店では買取りをしていないのでお断りしました。

プロやDIY愛好家の方は、使わなくなった電動工具・手工具をお持ちだと思います。

【工具売場の担当者】としての私の意見ですが、電動工具は長期間使わなければ故障する可能性が非常に高いです。実際にお店で受ける修理内容でも、「数年ぶりに使おうと思ったら動かない」がとても多いです。そして大体こういう時は修理費が高いです。

最悪、モデルチェンジの改廃/後継機無しの部品供給停止で【修理不可】になります。

こうなると、お金を支払って捨てる事になります。もったいないです。

電動工具や手工具が不要になった時は、正常に動く商品価値が高い状態でお金に変えることをお勧めします。そして数年後にまた使用したくなった時は、その時の最新モデルを購入すれば更に作業を楽しめます。

おすすめ

 

【DIY豆知識 391】『電動工具』について

f:id:DIY33:20190506181137p:plain

 

こんばんは。DIYアドバイザー33です。

このブログは【短く、見やすく、簡潔に】を心掛けています。

読者の方が、たまたま立ち寄られた時に、その間で何か1つ【お役立ち豆知識】をお土産に持って帰って頂けるブログを目指しています。

よろしくお願いします。

 

 

電動工具を購入する時に見落としがちなポイントが【重さ】です。

見落としてしまう理由は、展示品を自由に持てないお店が多いからです。

 

クリアケースの中に入れていたり、展示品を出しているがチェーンでガチガチに巻いていたり、商品の写真だけ貼っていてカード販売しているお店が多いです。

 

このように不便な事になっている理由は【盗難防止】であることが多いです。

「展示品なんて盗まないだろうww」

と思われるかもしれませんが、展示品は盗まれます。

 

上記の理由から、電動工具を購入する時にデザインと仕様は確認できても【重さ】を確認する事が難しいです。

 

一度の作業で2~3回しか使わないのであれば問題ありませんが、例えば自分が「重い!!」と思うインパクトドライバーで、丸一日棚を作るとすごくしんどいです。ストレスも半端じゃないです。

私もお店の棚を作った時にお店備品のインパクトドライバーを使用したのですが、重くてしんどかったので自分のインパクトドライバーを買いました。この自分用に買ったインパクトドライバーは自宅の棚を作るのに使ったり、今でも家で大活躍です!

 

結論ですが、購入する時に店員さんに「重さを見たいから実物を持たせてくれる?」と聞いてみて下さい。靴を購入する時の試し履きと同じようなものです。

 

実際に持った時に、一瞬でも「あれ?重いな」と感じたらやめた方が良いです。

作業時間が長くなると、それだけ腕が疲れてくるので、どんどん重く感じてきてストレスになります。

 

 

【工具男子】

不要な電動工具や手工具は【お金】に変えられます

売場で接客している時にお客様からよく聞かれる事があります。

「仕事で使わなくなった電動工具の買取してる?」
「新しい電動工具買うから、古い電動工具買い取ってくれる?」
「商売替えするけど、使わない電動工具捨てるのもったいないから買取してる?」

残念ながら私の勤めるお店では買取りをしていないのでお断りしました。

プロやDIY愛好家の方は、使わなくなった電動工具・手工具をお持ちだと思います。

【工具売場の担当者】としての私の意見ですが、電動工具は長期間使わなければ故障する可能性が非常に高いです。実際にお店で受ける修理内容でも、「数年ぶりに使おうと思ったら動かない」がとても多いです。そして大体こういう時は修理費が高いです。

最悪、モデルチェンジの改廃/後継機無しの部品供給停止で【修理不可】になります。

こうなると、お金を支払って捨てる事になります。もったいないです。

電動工具や手工具が不要になった時は、正常に動く商品価値が高い状態でお金に変えることをお勧めします。そして数年後にまた使用したくなった時は、その時の最新モデルを購入すれば更に作業を楽しめます。

おすすめ