DIYアドバイザー33のDIY豆知識

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 412】『布やすり』について

f:id:DIY33:20190528081125p:plain

 

おはようございます!

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。

 

布やすりは布に研磨剤コーティングがされています。

 

布やすりの特徴は下記です、

・紙やすりより【研磨力】が高い

・紙やすりより【耐久力】が高い

・紙やすりより破れにくい

・柔らかく曲面研磨に適している

・【金属のバリ取り】に適している。

・【金属のサビ取り】に適している。

布やすりは水研ぎ不可

 

耐久力が高いので、サンダー等の電動工具の替えペーパーにも使われます。

 

たまに売場でお客様から下記内容を質問されます。

「紙やすりとサンドペーパーは同じ?」

「耐水やすりと耐水ペーパーは同じ?」

「布やすりと布ペーパーは同じ?」

それぞれ同じです。

メーカーによって商品名はいろいろあります。

 

 

YouTube

何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0 

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

玄関にDIYで簡単に壁収納を作れます。

DIYキットのため到着後すぐに作れます

原状回復ができるので、賃貸のお部屋でも大丈夫です。

付属のおしぼり塗料で簡単色付け。お子様、ペットが舐めても大丈夫です。

自宅の玄関が、より愛着のある空間に成長します。

 

読んで頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!

【DIY豆知識 411】『耐水やすり』について

f:id:DIY33:20190527073956p:plain

 

おはようございます!

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。

 

耐水やすりは【DIY豆知識410】でお伝えした紙やすりに1つ機能を追加したものです。

耐水やすりの紙の表面には2つのコーティングがされています。

研磨剤コーティング

耐水コーティング

 

研磨剤コーティングは【DIY豆知識410】でお伝えした紙やすりと同じコーティングです。

耐水コーティングは水を使用しながらの研磨ができます。

これを【水研ぎ】と言います。

 

【耐水やすりの利点2】

①水研ぎは研磨中に出る研磨カスを水で流しながら作業ができるので効率的です。

②研磨作業中の摩擦熱を水が冷却してくれるので手にも優しいです。

紙やすりの摩擦熱はびっくりするほど熱いです。

(熱くて手で持てなくなります。)

耐水やすりは水を使わない作業にも使用できます。(木材の研磨など)

 

YouTube

何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0 

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

玄関にDIYで簡単に壁収納を作れます。

DIYキットのため到着後すぐに作れます

原状回復ができるので、賃貸のお部屋でも大丈夫です。

付属のおしぼり塗料で簡単色付け。お子様、ペットが舐めても大丈夫です。

自宅の玄関が、より愛着のある空間に成長します。

 

読んで頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!

【DIY豆知識 410】『紙やすり(サンドペーパー)について』

f:id:DIY33:20190526182727p:plain

 

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。

 

お客様から「紙やすりとサンドペーパーは同じもの?」と聞かれます。

この2つは同じものです。

 

 紙やすりとは、紙の表面に研磨剤のコーティングをしている商品です。

この研磨剤80番400番などの目の粗さの種類があります。

番号が高くなるほど、目が細かくなります。

80番よりも400番の方が目が細かいです。

この目の粗さの番号番手とも言います。

 

紙やすりには、商品パッケージの一部に穴があいていて、その部分から実際にやすり部分を指で触って目の粗さを確認できる商品もあります。

 

紙やすりは消耗品で、研磨するごとに紙やすり表面の研磨剤コーティングが削れていきます。そのため仕様具合を見て、新しいものに替える必要があります。

1枚数十円程度の商品が多いので、こまめに替えたほうが作業がはかどります。

 

【紙やすり】の接客は、とても多いです。

【DIY豆知識 411】では、耐水やすり

【DIY豆知識 412】では、布やすり

について書こうと思います。

 

 

YouTube

何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0 

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

玄関にDIYで簡単に壁収納を作れます。

DIYキットのため到着後すぐに作れます

原状回復ができるので、賃貸のお部屋でも大丈夫です。

付属のおしぼり塗料で簡単色付け。お子様、ペットが舐めても大丈夫です。

自宅の玄関が、より愛着のある空間に成長します。

 

読んで頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!

【DIY豆知識 409】『建築用マスキングテープ』について

f:id:DIY33:20190526084010p:plain

 

おはようございます!

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。

 

マスキングテープとは【はがす事】を前提に作られた粘着テープです。

よく文房具店でオシャレで可愛いマスキングテープがありますが、

建築用マスキングテープは別にあります。

建築用マスキングテープには下記の種類があります。

 

塗装用のマスキングテープ

ガラスサッシのシーリング用のマスキングテープ

サイディングボード用のマスキングテープ

 

これらは種類によって、もととなる【基材】【粘着剤】の種類が違います。

 

建築用マスキングテープをお店で探す時のワンポイントですが、

建築用マスキングテープは一箇所で全種類が陳列されていない場合が多いです。

塗装用マスキングテープは、養生テープなどの養生材売場、

シーリング用のマスキングテープは、シリコンコーキング等のリーリング材売場

でそれぞれ販売されている事が多いです。

そのためお店で店員さんに場所を聞くときは、「〇〇用のマスキングテープはどこですか?」と使用用途まで伝えた方が良いです。

 

 

 イエコマ 戸建てのメンテナンス専門

 

Twitter → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

YouTube 『ながら聴きDIY豆知識』 現在の動画数:56本

youtu.be

 

読んで頂きありがとうございました!

また次回!

【DIY豆知識 408】『ブロックを購入して車で持ち帰る時の注意点』について

f:id:DIY33:20190525082230p:plain

 

おはようございます。

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。

 

ホームセンターでコンクリートブロックを購入して、車で持ち帰る時に、養生をしっかりしないと積んだ車内に傷がつく事があります。

コンクリートブロックは固いだけではなく、表面がザラザラで端部分が尖っています。

そのためトランクや後部座席に積んだ場合、少しシートに擦れただけで傷が付く事があります。

段ボールを下に敷いてからコンクリートブロックを載せて、ブロック周りも段ボールで囲った方が良いです。

もし段ボールなどの養生できるものを持っていない場合は、お店の従業員の方に声をかけると、商品を品出しした後の不要な段ボールをもらえる事があります。

 

また車内のブロックの積み方にもコツがあります。

できるだけ低く積むことです。

理由は、高く重ねて積んだ場合、急ブレーキで上のブロックが滑り落ちる事があるからです。

以前あったことですが、お客様が自分でブロックを後部座席に天井付近まで高く積んで、帰りに急ブレーキを踏んで、山が運転席側に崩れて車内が傷だらけになった事がありました。

 

一歩間違えば、運転席・助手席に座っている人が大怪我をします。

 

もしどうしても高く積まないと入らない量を購入される場合は、貸出トラックを利用する事をお勧めします。

軽トラックなどを借りられるので、荷台に低く積んで運べば安心です。お客様に貸出する軽トラックはAT車が多いので、普段運転したことがない方でも運転しやすいです。

 

 

 イエコマ 戸建てのメンテナンス専門

 

Twitter → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

YouTube 『ながら聴きDIY豆知識』 現在の動画数:56本

youtu.be

 

読んで頂きありがとうございました!

また次回!

【DIY豆知識 407】『材質と価格』について

f:id:DIY33:20190524081911p:plain

おはようございます。

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。 

 

建築金物チェーンなど、同じサイズなのに価格が全然違う場合があります。

この理由として、材質の違いがあります。

ホームセンターで販売されている金物関係の材質として【ユニクロメッキ】【ステンレス】等があります。

価格はステンレスの方がユニクロメッキよりも高いです。

ステンレスは【錆びにくい】という特性を持っています。

見た目は同じような銀色なので、最初は見分けが付きにくいと思います。

ただ材質は売場の値札や商品に表記されていますので「なぜ価格が違うのかな?」と思ったら材質を確認する事をお勧めします。

 

 

 イエコマ 戸建てのメンテナンス専門

 

Twitter → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

YouTube 『ながら聴きDIY豆知識』 現在の動画数:56本

youtu.be

 

読んで頂きありがとうございました!

また次回!

【DIY豆知識 406】『墨壺・チョークライン』について

f:id:DIY33:20190523084114p:plain

 

おはようございます。

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。

 

『墨壺』は木材にまっすぐ線を引きたい時に使う道具です。

壺の中に綿が入っていて、そこに墨汁を染み込ませます。

壺の中にが巻かれていて、その糸を引っ張り出します。

糸の先端には【カルコ】といわれるピンが付いています。

このピンを木材に差してはじくと、木材にが付きます。 

墨壺のメリットは、木材と木材の間が離れていても線を付けられる事です。

 

チョークラインは、墨の代わりにチョークの粉を使用します。

 チョークの粉は墨汁にくらべて、一度付けた線を簡単に消せます。

  

YouTube

何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0 

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

読んで頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!