DIYアドバイザー33のDIY豆知識

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

2019-04-01から1日間の記事一覧

【DIY豆知識 25】ヒューズについて

ヒューズが切れてしまって買い替える場合ですが、電球等と同じように【切れたヒューズをお店に持参してください】菅ヒューズなどは本体に【V ボルト】【A アンペア】が薄くですが記載されています。 ただかなり薄いので高齢者の方には見えにくいと思います。…

【DIY豆知識 24】電動工具の刃について

お客様から本当によくある質問で、上記ツイートの内容があります。 大事なのは鉄には鉄用、木には木工用、コンクリートにはコンクリート用等の適した刃を選ぶことが大事です。もちろんこれはインパクトドライバー等の先端ビットも同様です。 しかし適したも…

【DIY豆知識 23】電動工具サンダについて

電動工具をお仕事で使用されているお客様の中には、「切るもの=サンダ」と思われている方もいます。これは実際に大工のお客様に聞いた話ですが、現場では「現場独自の呼び方」があるとの事でした。しかしメーカーのカタログにも記載されているように高速切…

【DIY豆知識 22】ボルトやビスのピッチについて 3

DIY豆知識20、21でお伝えしました【実物を持参する事】が難しい場合ですが、(例えば、その家具にもともと1つしか使われていないボルトが無くなってしまって同じものがもう一つも無い場合など)その家具のメーカーに問い合わせをする手段もあります。 「…

【DIY豆知識 21】ボルトやビスのピッチについて 2

ピッチ違いを早合点して購入してしまうと、家に帰って辛い思いをします。 「合うものを買えたと思ったのに・・・(涙)」と貴重な休日の時間を無駄にしてしまいます。そのため売場で規格サイズを確認する際は、必ず根本まで入るか確認して、ピッチ違いを間違っ…

【DIY豆知識 20】ボルトやビスのピッチについて

上記の記事にも書いていますが、やっかいなのは【ピッチが違っても少し入ってしまうこと】です。具体的には、大体2~3山分くらい入ります。そのため「お、入った入った、これで間違いないな」と早合点してしまう事がとても多いです。私も新入社員の時は間…

【DIY豆知識 19】ビスやボルトの規格サイズについて

ミリ規格、インチ規格、ピッチ違いなどビスやボルトは似たようなものがあり、とてもややこしいです。 また材質もユニクロ、ステンレスなどパッ見は同じような銀色です。 見慣れると若干の色の違いでユニクロとステンレスの見分けが付きますが、普段見慣れて…

【DIY豆知識 18】タッカーについて 2

上記の記事の補足ですが、例えば「高圧のエアータッカーを使いたい!」からと言って高圧のエアータッカーを購入したらオッケーではありません。 エアータッカーを使用するには、【エアーコンプレッサーにつなぐ必要】があります。そのため高圧のエアータッカ…

【DIY豆知識 17】タッカーについて

お客様から「タッカーが欲しい」と言われた場合は、私ならまず「エアー工具ですか?手工具ですか?」と聞きます。同じ工具でもエアー工具と手工具では売場が違いますので、皆さんもお店で従業員に場所を聞く時は、探しているのがどちらなのかを最初に伝えた…