家の修理、修繕、メンテナンスに 特化したDIYブログ

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 338】『壁紙』について 13

f:id:DIY33:20190410063852p:plain

事前にやり方を確認して覚えておく事は必須です。

なぜなら調べながら貼っていたら裏面のノリが乾いてしまうからです。

また調べながら、壁紙を長時間持ち上げていたら、重みで破れます。

多分、自宅の壁紙貼りかえならピッタリぐらいの材料しか用意していないと思いますので、もう一度お店に買いに行くハメになります。

壁紙は並べて貼る場合は、横の壁紙と少し重ねて貼り、重なっている所をカッターナイフで切り、最後にローラーでならして繫ぎ目を目立たなくします。

そのため間違えて横とピッタリ合うように施工してしまうと繫ぎ目もわかりますし、乾いて壁紙の大きさが変った時に隙間ができます。

これらのやり方の知識も事前に確認しておかないとノリが乾いてからではやり直しができません。

 

【工具男子】

【工具の処分、買い替えをご検討の方へ】

私が【電動工具・手工具売場の担当者】をしていた時に、この声をよく聞きました。

「仕事で使わなくなった電動工具をできればお金にしたい」
「古い工具を売って新しい工具や機械を買いたい」
「廃業して工具や農機具・建機を処分したいけどお金がかかるし面倒だ」