DIYアドバイザー33のDIY豆知識

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 363】『ふすま』について 4

DIYアドバイザー33 Twitter @33Diy

 

f:id:DIY33:20190413214733p:plain

壁紙の補修シールと同じようなものです。

上記のツイートにも書きましたように、ふすま紙全体を張り替える場合に破れがあれば補修しておく必要があります。この補修にも『ふすま紙補修シール』は使えます。

また、小さなお子様がふすまに落書きしてしまった場合など、その1部分のために全体を張り替えるのは大変だと思います。

汚れ(落書き等)が小さな1部分の場合は、ふすま紙全体を張り替えなくても、補修シールだけでも結構目立たなくなります。

ふすまも壁紙と同じように色々な種類があるため、全ての模様・色の補修シールはありません。そのため多少は補修部分がわかってしまいますが、「とりあえず汚れが目立たなくなれば良い」「ちゃんと張り替えるまでの仮補修がしたい」などの要望であれば補修シールで十分です。

補修シールは下記のようなものです。(ふすまだけでなく障子にも使えます。)


 

 

【工具男子】

【工具の処分、買い替えをご検討の方へ】

私が【電動工具・手工具売場の担当者】をしていた時に、この声をよく聞きました。

「仕事で使わなくなった電動工具をできればお金にしたい」
「古い工具を売って新しい工具や機械を買いたい」
「廃業して工具や農機具・建機を処分したいけどお金がかかるし面倒だ」