家の修理、修繕、メンテナンスに 特化したDIYブログ

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 406】『墨壺・チョークライン』について

f:id:DIY33:20190523084114p:plain

 

おはようございます。

DIYアドバイザー33です。

本日もよろしくお願いします。

 

『墨壺』は木材にまっすぐ線を引きたい時に使う道具です。

壺の中に綿が入っていて、そこに墨汁を染み込ませます。

壺の中にが巻かれていて、その糸を引っ張り出します。

糸の先端には【カルコ】といわれるピンが付いています。

このピンを木材に差してはじくと、木材にが付きます。 

墨壺のメリットは、木材と木材の間が離れていても線を付けられる事です。

 

チョークラインは、墨の代わりにチョークの粉を使用します。

 チョークの粉は墨汁にくらべて、一度付けた線を簡単に消せます。

  

YouTube

何かしながら聴ける『ながら聴き DIY豆知識』

 → https://youtu.be/Mbp0frAAWl0 

Twitter

 → DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

 

読んで頂きありがとうございました!

次回もお楽しみに!