DIYアドバイザー33のDIY豆知識

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 430】ホームセンターでの商品のご注文について 3

 

 

f:id:DIY33:20190714132521p:plain

 

 

【DIY豆知識 429】の続きです。

 

前回の記事で書きました【お店で商品の取り寄せをする時の豆知識】を詳しく書こうと思います。

 

まず、メーカー、型番、品番、JANコード等が分かっている場合は簡単です。

 

(JANコードとは、よく商品パッケージ等に付いていて、レジで「ピッ」とスキャンするバーコード下部に書かれている数字です。基本的には13桁の数字です。)

 

これらを伝えて頂けたら取り寄せは可能です。

 

ただし、条件があります。

 取引のあるメーカーの商品で、なおかつメーカーで製造中止になっていない場合のみ可能です。

 

取引のないメーカーの商品は発注できませんし、製造中止の廃番商品を取り寄せることはできません。

 

もちろん、取引があり製造中止商品の場合は、メーカーに後継品代替品があるかを調べて、お客様にはお伝えしています。

 

問題は、上記のメーカー、型番、品番、JANコードがわからない時です。

 

メモ書きや口頭で伝えて頂いても大丈夫ですが、一番確実なのは現物を持参して頂く事です。そして可能ならば、持参した現物をお預かりさせて頂くと更に良いです。

 

もちろん、家で現在使用中のもの等は、預からせて頂く事が難しいと思います。

その時は全然大丈夫です。

 

そして現物を持参される時に注意するポイントがあります。

 

【DIY豆知識 431】に続きます。

f:id:DIY33:20190722083154j:plain

 

Amazon 電動インパクトドライバーランキング 上位  

店頭でも大人気です。特に黒色が人気です。

イエコマ 家のいろいろな困りごとを簡単解決!

 

Twitter 

→ DIYアドバイザー33 (@33Diy) | Twitter

YouTube

→ ながら聴きDIY豆知識 現在の動画数:56本

youtu.be

 

読んで頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!