DIYアドバイザー33のDIY豆知識

大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーや第二種電気工事士の資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 439】夏場 クーラーでだるくなる 改善方法 2

 

 

f:id:DIY33:20190714132521p:plain

 

おはようございます。

DIYアドバイザー33です。

 

【DIY豆知識 438】の続きです。

 

そもそもなぜクーラーで体がだるくなるのか?

理由は【自律神経】が乱れるからです。

 

自律神経は自動的に体内の状態をコントロールしてくれます。

この自律神経の働きの中に【体温調節】があります。

身体が冷えすぎる事によって、この働きが悪くなります。

 

クーラーによる風邪のような状態を【クーラー病】と言います。

クーラー病の症状は、頭痛、腹痛、下痢、腰痛など様々です。

そして体の不調により食欲も失せてきます。

 

そのため夏場は体力不足でよけいにしんどくなります。

下手をすると、夏が過ぎてもしばらく体調不良をひきずります。

 

改善方法として、前回の豆知識で書きました内容以外にもいくつかあります。

 

【クーラーで細かい温度調節が難しければ、自分の服装で対応する。】

 

私はたまにフリースを着ています。

「あれ?これ何かおかしいよな??」とも思いますが、実際に体温調節は自分の服装で調節する事が一番楽です。

 

また一人暮らしではなく、誰かと同居している場合、その相手が暑がりで自分が寒がりな場合は、余計に部屋の温度調節は難しくなります。

 

あとは冷たい食べ物、飲み物を控えることです。

 

 

このブログ【DIYアドバイザー33のDIY豆知識】では、これまで色々なDIY関連の記事を書いてきました。

これからはDIY関連の豆知識をたくさん書きつつ、今回のような生活に役立ちそうな豆知識も書いていきます。

最近、ブログを書くのが凄く楽しいです。

いつも読んでくださりありがとうございます。

これからもコツコツ書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

DIYアドバイザー33