DIYアドバイザー33のDIY豆知識

現役ホームセンター従業員です。大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーの資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 481】年末大掃除で買い間違い注意②電球、蛍光灯の色について

f:id:DIY33:20190714132521p:plain

 

 【DIY豆知識 481】

年末大掃除で買い間違い注意②

電球、蛍光灯の色について

 

昨日の【DIY豆知識480】では、直管蛍光灯の規格について書きました。

今回は、年末に買い間違いが多い「色」について書きます。

 

通常の電球、蛍光灯には、主に昼光色、昼白色、電球色の3種類があります。

この2種類の他にもメーカー独自の色がありますが、基本的にはこの3種類です。

 

簡単に説明しますと、

昼光色 → 青色がかった白色

昼白色 → 黄色がかった白色

電球色 → オレンジ色

 

そして例外もありますが、基本的にこの3種類はパッケージの色がわかれています。

例えば、

昼光色 → 青色パッケージ

昼白色 → 緑色パッケージ

電球色 → 赤色パッケージ

 

電球、蛍光灯の色を間違わずに購入する方法は、昨日の【DIY豆知識480】にも書きました下記2点です。

①家の電球・蛍光灯を外してお店に持参する
②家の電球・蛍光灯に書かれている品番を写真に撮ってお店に持参する

 

①の注意点は、お店に持参した際に、混雑した店内で割らないように注意する事です。

過去にお店で電球を落として割ってしまったお客様もおられました。持参される際は、丈夫な袋に入れて持参されることをお勧めします。

 

自分や他のお客様にケガをさせてしまったら大変です。

また品番を確認する前に割ってしまったら、せっかく持参したのに品番を特定することができません。

 

ご注意を!

 

Twitter 

→ 現在のフォロワー数:2251

  フォローお願いします!

  過去のDIY豆知識をスクロールして流し読み

  できて便利です!

twitter.com

 

YouTube

→ ながら聴きDIY豆知識

  現在の動画数:61本

  チャンネル登録をお願いします!

  1分程度の短いDIY豆知識を発信しています!

  音声だけ!「ながら聴き」でDIY知識をGET!

  新しい動画も現在製作中です!

 

 2019/12/17公開 YouTube動画 

【土のう袋入り砂の保管方法


【土のう袋入り砂の保管方法】

読んで頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!