DIYアドバイザー33のDIY豆知識

現役ホームセンター従業員です。大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーの資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

【DIY豆知識 514】子供・高齢者に向いている安全カッター!キッターをご存じですか?

f:id:DIY33:20190714132521p:plain

 

【DIY豆知識 514】

子供・高齢者に向いている安全カッター!

キッターをご存じですか?

 

ちいさな子供をもつ親御さんからよくある質問

「子供が使って大丈夫そうな、小さなカッターナイフありますか?」

 

小さなカッターナイフはありますが、小さいからといって安全とは限りません。

安全かどうかは構造です。

 

こんなアイテムがあります。

第27回 日本文具大賞 2018

機能部門 グランプリ

キッター オルファ

 

 

構造が特殊で、刃がプラスチックで覆われています。

これにより刃の露出が最小限です。

 

↓こんな感じです。

f:id:DIY33:20200119221554j:plain

f:id:DIY33:20200119221611j:plain

子供が普通のカッターナイフを使用する場合、注意するべきは力の弱さです。

カッターナイフは使い慣れていないと、上手く切れません。

子供は力が弱いので、なかなか物が切れません。

そしてなかなか切れないので、余計に力を入れます。

しかし握力も弱いので、力を入れた時に手が滑り、対象物を押さえている片方の手を切ったりします。

 

これは高齢者も同じです。

高齢者も加齢とともに力が弱くなります。

 

子供も高齢者もDIYをしなくても、日常生活でカッターナイフが道具として必要な時はあります。

カッターナイフを全く使わないようにすることは難しいですが、使うカッターナイフの安全性を上げる事はできます。

 

カッターナイフは文房具ですが、大怪我の可能性がある非常に危険なものです。

 

私の職場でも日常的にカッターナイフを使います。

常時身につけていて、商品が梱包された段ボールの開封などに使います。

そのためカッターナイフの危険性も十分わかっています。

 

子供や高齢者の方には、キッターがおすすめです。

 

 

 

「この作業に、この電動工具を使いたいな~」

「高いな~、使うのは数回だけなんだけどな~」

「この電動工具があれば、作業が進むのにな~」

「でも数回使うだけに数万円はもったいないな~」

 

以前、『ホームセンターの工具レンタルサービス』をおすすめしました。

このサービスは数百円で電動工具をレンタルできる人気サービスです。

ただ、基本的に種類が少なく、日曜大工に使う安価な物がほとんどです。

 

「う~ん、これじゃあスペック低いな~」

「う~ん、一番使いたいものがないな~」

 

こんな時は、

 

ホームセンターの工具レンタルサービスよりも種類&スペックが高いです。

道具のスペックを妥協すると、やはり出来栄えも思い通りにいかないです。

『ReReレンタル』なら自分の作業に最適な道具を簡単に速く用意できます!

 

 

YouTube

ながら聴きDIY豆知識

約1分間の短いDIY豆知識音声を発信しています!

何かしながら聴くだけで、DIY知識を簡単GET!

チャンネル登録おねがいします!

 

ロープをカットする時に、ほどけないようにする裏技


ロープをカットする時に、ほどけないようにする裏技

 

木質フローリングの無料サンプルについて


木質フローリングの無料サンプルについて

 

ドアノブの清掃について


ドアノブの清掃について

 他にも動画いろいろあります!

 

 Twitter 

現在のフォロワー数:2370

過去のDIY豆知識をスクロールして流し読み!

twitter.com

読んで頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!