DIYアドバイザー33のDIY豆知識

現役ホームセンター従業員です。大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーの資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

ずっと役立つ豆知識!ステイホームDIY教室33【直管蛍光灯の種類と選び方】

f:id:DIY33:20200425212250p:plain

 

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

 

ステイホームDIY教室33では、新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ【DIY豆知識】をお届けしています。

 

 本日のステイホームDIY教室33

【直管蛍光灯の種類と選び方】

 

電球と同じく接客頻度が多い直管蛍光灯についてです。

丸い電球と違い、まっすぐの棒状です。

 

お客様からよく聞かれること

「同じ長さなら、どの器具にどの蛍光灯を選んでもOK?」

 

残念ながら違います。

 

例えば、FL型FLR型などがあり、それぞれ同じ長さの蛍光灯であっても互換性はありません。

 

FL型は【スタータ型】

点灯管が必要です。

点灯管とは器具の端についている小さい円筒形のものです。

 

FLR型は【ラピッドスタート型】

点灯管が不要です。

 

器具(仕様)が違うので、同じ長さでも合わないのです。

 

※FL型、FLR型以外にも種類があります。

 

これを知らずに「同じ長さだ!いける!」と購入して、後日返品に来られるお客様が多いです。

 

また他にも種類があるため、一番確実なのは切れてしまった蛍光灯をお店に持参されることです。ただ電球と違い長くかさばるため、持参が大変だと思います。

 

もし持参することが難しい場合は、蛍光灯の端の方にうっすら品番が書かれているので、その品番をメモまたはスマホのカメラで撮影して持参されることをお勧めします。

 

電球も直管蛍光灯もそうですが、同じような形状で種類が色々あるため、買い間違いが非常に多いです。イライラしながら返品・交換に来られる方も多いです。

 

もし購入される際に「あれ?これ大丈夫か?」と思われたら、お店の店員さんに聞いてみて下さい。私達ももちろん全ての商品がわかるわけではありませんが、メーカーなどに代わりに確認することもできます。

 

YouTubeTwitterもしています。

 

 YouTube


簡単マスク 私のように裁縫ができない人向けです!

 

 Twitter 現在のフォロワー数:2860

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。