DIYアドバイザー33のDIY豆知識

現役ホームセンター従業員です。大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーの資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

ずっと役立つ豆知識!ステイホームDIY教室33【モンキーレンチは猿のレンチ?】

f:id:DIY33:20200428122204p:plain


 

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

 

ステイホームDIY教室33では、新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ【DIY豆知識】をお届けしています。

 

 本日のステイホームDIY教室33

【モンキーレンチは猿のレンチ?】

 

↓ こんなのです

口部分の広さを調節できるため、1本で複数サイズのナットを締められます。

DIYにも大活躍します。

 

モンキーレンチという面白い名前です。

私はこのレンチに少し思い出があります。

 

新入社員の頃、売場で作業着を着たお客さんに「モンキーどこ?」と聞かれました。

私はすかさず「当店のペットコーナーに猿はいません」と大きな声でハキハキと答えました。

 

お客さんは、私を見つめて「そっか・・・おらんか~」と呟いて工具売場の方へ歩いていかれました。

 

もう100%モンキーレンチの事だったのですが、当時の私は知らずお客さんには申し訳ない事をしました。

 

モンキーレンチの名前の由来

1800年代に活躍した配管工が由来です。

当時、動力は蒸気であり、大きな工場には蒸気を使うための配管がたくさんありました。この配管をメンテナンスする配管工がいて、彼らは移動の際に多くの工具を持ち運ぶことができず、サイズ調整のきくレンチを使っていました。彼らは「グリスモンキー」と呼ばれていたため、使用していたレンチが「モンキーレンチ」と呼ばれるようになりました。

 

YouTubeTwitterもしています。

  YouTube


簡単マスク 私のように裁縫ができない人向けです!

  Twitter 現在のフォロワー数:3010

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。