DIYアドバイザー33のDIY豆知識

現役ホームセンター従業員です。大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーの資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【売場での電動工具に関する接客まとめ 2】

f:id:DIY33:20200503235040p:plain

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

 

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

 

 本日のステイホームDIY教室33

【売場での電動工具に関する接客まとめ 2】

 

 お客様からよくある質問

「電動ドライバーって簡単に言うとどんなもの?」

 

 電動ドライバーには主に2種類あります。

ドライバードリル (ドリルドライバー)

インパクトドライバー

 

 電動ドライバーができる作業は主に3点です。

穴をあける

ネジを締める

ネジを緩める

 

 ドライバードリルインパクトドライバー両方とも上記の①②③の作業ができます。

ただ得意分野が違います

 

 簡単にまとめると

 

ドライバードリル

①繊細な作業向き (柔らかい材にビスを打ち込む等)

②初心者向き

③カラーボックス、簡単組み立て家具向き

 

インパクトドライバー

①力がいる作業向き (固い材にビスを打ち込む等)

②扱いに慣れが必要

③厚みのある木材(2×4)での木工作業向き

 

 ドライバードリルには「トルク調整」があります。

「トルク調整」とはあらかじめ回転数を設定することです。

これによりトリガーをどれだけ引き絞っても設定以上に回転しません。

そのため一定の力で作業ができます。

 

これに対してインパクトドライバーはトリガーを引き絞ればそれだけ回転数が増します。そしてインパクトの由来である「打撃」が加わりパワーを必要とした作業ができます。

 

インパクトドライバーで細いビットで穴あけする場合は打撃で折れる事があるので注意が必要です。穴あけ作業はドライバードリルの方が向いています

 

次回【売場での電動工具に関する接客まとめ 3】に続きます!

お楽しみに!

 

 

YouTubeTwitterもしています。

 YouTube


簡単マスク 私のように裁縫ができない人向けです!

 

Twitter 現在のフォロワー数:3050

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。