DIYアドバイザー33のDIY豆知識

現役ホームセンター従業員です。大手ホームセンターに10年以上勤務しています。DIYアドバイザーの資格を持ち、毎日沢山のお客様の接客をさせて頂いています。店舗での実際の接客経験から皆様の生活に役立つ【DIY豆知識】を発信していきます。よろしくお願いします。【Twitter】&【YouTube】もしています。

ホームセンター豆知識!ステイホームDIY教室33【ペンキを塗る前に力尽きないで! 3】

f:id:DIY33:20200510101146p:plain

こんにちは!

DIYアドバイザー33です。

 

今月5月は、毎日たくさんDIY記事を書いていきます。

いろいろな種類のDIYネタがありますので、自粛中の自宅での暇つぶしに読んで頂けたら幸いです。新型コロナウイルスが落ち着いて、自由に外出できるようになった後に役立つ記事を書いていきます。お互いに頑張りましょう!

 

 

 本日のステイホームDIY教室33

【ペンキを塗る前に力尽きないで! 3】

 

ペンキを塗りたい時には、塗る前に塗料と道具を揃える必要があります。

 

初めてのDIYの場合、特にこだわりもなく、とりあえず塗りたい場合は、下記を読んで頂ければ幸いです。

 

まずペンキの選び方ですが、屋内で塗る場合は性多用途ペンキが良いです。

 

理由はニオイが無く、部屋の中に匂いがこもりません。

 

多用途は、木材、鉄部、コンクリートなど幅広く使えます。

 

詳しくはペンキの缶に書かれています。

 

事前に塗りたいものの材質に使えるか確認して下さい。

 

屋外の雨風によく当たる場所などは、油性が適しています。

 

次に道具の選び方ですが、刷毛選びで苦戦するお客様は非常に多いです。

 

刷毛には、水性用、油性用などがあります。

 

自分が使用するペンキが水性か油性かによって決まります。

 

売場に水性用、油性用などの表記が無く、何も書いていない刷毛しか置いていない場合は、水性、油性どちらでも使える万能刷毛の可能性が高いです。

 

刷毛には幅に種類があり、広い場所用、狭い場所用があります。

 

ここでポイントです!

なぜか1本の刷毛で全部塗ろうとされるお客様が非常に多いです。

 

ペンキを塗る刷毛は、基本的に数種類を使い分ける場合が多いです。

 

広い面を塗る時は幅の広い刷毛と使い、端などを塗る場合は幅の狭い刷毛を使います。

 

刷毛は安いものは一本200円くらいです。

 

数種類買って使用した方が、作業が楽で効率的です。

 

次回に続きます!

お楽しみに!

 

 

YouTubeTwitterもしています。

 

YouTube


コマパッキンを簡単解説

 

Twitter 現在のフォロワー数:3100

twitter.com

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

また次回お会いしましょう。